ページの先頭

三洋輸送機工業株式会社

英語サイト

- 新製品情報 -

新型インバータ「安川電機製U1000L」の採用

エネルギーの有効利用に対する意識が世界的にいっそう高まっている中、インバータを用いたモータの可変速ドライブは、省エネ効果の大きさから広く普及しています。当社も1995年に初めてベクトルインバーターを用いた速度制御を採用してまいりました、しかしインバータの原理に起因する電源高調波の抑制や回生電力の有効利用がなかなか進みませんでした。さらなる省エネ化を進めるためにこの度安川電機より発売されたU1000Lを採用、マトリクスコンバータ技術により、電源高調波の抑制、電源回生に必要であったコンバータや高調波フィルタなどの周辺機器が不要となり、制御盤の小型化を実現します。また、エレベータ用途で求められる停電時の救出運転(UPS・バッテリー電源対応)や振動抑制機能により、より安心・安全で快適な乗り心地を実現します。

 

1)電源回生によりさらなる省エネを実現

 制動(ブレーキ)抵抗器などで捨てていた回生エネルギーを無駄なく再利用することで、エレベータの省エネ化を実現します。(制動抵抗器方式と比べ約50%の省エネ)

★回生エネルギーとは

こんなにお得!(回生省エネ事例)

◼運転サイクル 5000kg 45m/min 電力単価20円/kWh

 

2)高調波抑制により制御盤の小型化を実現
高調波対策のための電源回生コンバータや高調波フィルタなどの周辺機器が不要になり、制御盤の小型化を実現します。[コンバータや周辺機器が不要になることで、設置面積約50%小型化(400V 45kWの場合)]

 

3)停電時も安心・安全
停電時はバッテリーまたはUPSの電源に切り替え、救出運転が可能です。

Copyright © 2018 SANYO YUSOKI KOGYO Co,Ltd Elevator and Escalator. All Rights Reserved.